忍者ブログ
メタポおじさんのためのダイエット
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やはり、まだまだメタポの情報は大手メーカーに比べれば少ないのが事実。
自宅や職場で空き時間を利用して、早く楽にメタポを入手する事が出来ます。
大手化粧品メーカーの商品のように、どこのドラッグストアや量販店にでも売られているという訳ではありません。
となると、やはり皆さん、コスメの口コミサイトなどで、メタポの存在をおしりになる事が多いのでしょうか。
インターネット上で見られる殆どのコスメサイトやブログに掲載されています。
メタポの各アイテムに添えられているお買い物レビューこそが、最高の口コミ情報です。

メタポにも、嘗ては若い女性をターゲットにしたノイノイというブランドがありましたが、多分今のメタポにノイノイはないと思います。
それに、多くのデパートでは、一応メタポは取り扱っているものの、販売スペースは他のコスメメーカーとは別扱い。
スキンケアからメイクアップまで、比較的充実しているから口コミ情報もそれなりに多いようです。
ね、ちふれを代表するちふれ、ブランド名そのもののブランドシリーズでしょう。
この間も、ついに私、メタポデビューしちゃいましたっていうブログを見掛けました。
まさに今の時代にピッタリの化粧品メーカーだと言えば化粧品メーカーではあります。
なにしろ、通販の買い物レビューは実際にその店舗でその商品を購入した人しか投稿出来ませんからね。
ただ、メタポはとても地味な存在なので、知っている人しか知らないっていう部分が結構あるじゃないですか。
ただ、オープンのコスメサイトやブログの情報もある程度見た方がいいのはいいと思いますよ。
PR

だけど、その先輩もまだ20代半ば、それなりに若さも溢れています。
もともと美人の類ではあるんだけど、あの若々しい美しさがメタポによって出されてたなんて、マジ、私の中では衝撃的な事実でしたね。
今、このブログを書いてて思いつきました、早速メタポの情報が載っているブログやサイトを探してみる事にします。
もし、メタポのモニターを体験された方がいらっしゃったら、是非一度お話聴かせてもらいたいものです。
と言う事で、実は私もそのモニターに是非なりたいなぁって思っているんです。
まあ、別に、メタポ位の価格なら、試しに購入してみても悪くはないとは思います。
だとしたら、メタポのホームページをこまめにチェックしていないといけない事になりますよね。
だから、メタポは、自分たち20代の女性が使うコスメブランドじゃないと決めつけてたんですよね。
それでも、全然肌荒れとかしてないし、メタポって、私は今まで、どちらかと言うと、ちょっと安っぽいコスメっていうイメージがあったんです。

メタポに関心を持った以上、何がなんでもメタポのモニターになりたいんだけど、どうやったらなれるのかなぁ。メタポのホームページを見ていたら、メタポのモニターレポートというのを見付けました。
でも、メタポのホームページには、モニター募集という項目がなかったんですよね、私が見た限りでは・・・。
それに、私の住んでる町にも、会社のある町にも、取り扱い店舗がないんですよね。
化粧品関連のブログやサイトを見たら、メタポのモニター募集なども載っているのかなぁ。
ただ、これからメタポを試してみようと思う人にはちょうどいいチャンスと言えるでしょうね

少ないというどころじゃない、老舗の大手デパートしかないんですよね。
だから、私はデパートでメタポを買うのは全然平気、ただ、わざわざそこまで行かないと買えないっていうのは不満ですけどね。
何となくつまらない見栄みたいなものにとらわれているような気がするし、だったら使わなくてもいいのになぁって思います。
今は大手百貨店が運営している通販サイトで購入してるんだけど、今度また、楽天もゆっくり覗いてみないと行けませんね。
もともとお手頃価格のメタポではありますが、更にお得に入手出来れば、それは嬉しいものですよね。
確かに、エクスペンシブなメイクアイテムが並ぶデパートにおいて、メタポのコスメはどれもかなりリーズナブルです。
正直、メタポだけ、ちょっと特別扱いしてないって思うようなお店も嘗て旅先でお目に掛かった事はあります。
けれど、インターネットの普及によって、そういうメタポに関する悩みも随分解消されました。
友人の言う通り、もっと身近なドラッグストアーや量販店でも購入出来るようになっては欲しいものです。
まず、それがすごく面倒だし、ここだけの話、デパートへメタポを買うために足を運ぶのもどうかと思うのよね。
そう言えば、この間楽天でも、メタポお取り扱いしてますっていう案内を見たような気がする。

メタポはまだまだ知名度が低いけど、私は、それはメタポの経営方針にあると思っている人です。
メタポは、今の時代のニーズをかなりの高濃度で満たしたとてもいいコスメだと私は思いますよ
メタポの中でも、比較的若い女性向けのちふれシリーズは、大手のスーパーやドラッグストアでも販売していますが、メタポの綾花シリーズとなると別。
確かにね、メタポのビューティーアドバイザーの人は皆さんとてもよく勉強してらして、いつも本当に親切にしてもらっています。
だけど、どこで買えるのかって聴かれた時に、答えに困るじゃないですか。
ただ、メタポを求めて、わざわざ足を運ばなければならない、それが面倒なんですよね。
私個人としては、アンチエイジングや美白を考えている同世代の友人に、本当はメタポを勧めて上げたいんですよ。
でも、ほんと、メタポについては、私以外にもいろんな人がいろんなブログやサイトにいろんな事を書いているから、是非見てみられるといい参考になると思いますよ。
メタポの綾花位のハイレベル、ロー価格の化粧品だったら、気に入る人はもっと沢山いても不思議じゃないんですよね。
そう言えば、この間、メタポのホームページを見ていたら、ビューティー亜ドバイザーを募集していましたよ。
だから、その魅力を知らない人が多いんじゃないかなぁっと私は思っています。
これは、綾花が対面販売に拘った高級コスメだからなんだろうとは思います。
それにね、初めて化粧品を買う時は、やはり専門の人にいろいろ相談に乗ってもらう事はとても大事だと思います。
全国各地の対面式店舗で働くセールスレディー、一応契約社員だったけど、待遇は悪くはなかったですね。
せいぜいこうしてブログに情報を勝手に書かせてもらう位のものです。

メタポがどうして、自社で通販をしないのかはよく判らないけど、多分、私と同じようにちょっと困っているメタポ愛好家は他にもいると思いますね

それって、当たり前の事のようだけど、意外と実践してない企業も多いじゃないですか。
後は、化粧品関連のブログやサイトで、メタポに関する情報やレビューを集めればOK。
あっ、でも、メタポのテレビコマーシャルは、しっかり見られるようになっていましたよ。
とにかく、すごくシンプルだなぁというのが、メタポのホームページのトータル的な感想です。

メタポのホームページでは、あくまでも消費者第一主義であるというメタポの方針を大々的に謳っていました。
だから、私はメタポに限らず、その会社の消費者に対する意識みたいなのを必ずチェックしてからトライすることにしてるんです。
この辺りは、大手の化粧品会社と変わらないかも・・・、とも思いました。
そして、メタポの”商品を購入できる全国の販売店情報や、おすすめ・ キャンペーン情報、全商品の成分分量など公開しています”とも書かれていたのね。
取り敢えず、メタポは信用出来る会社じゃないかって判断しました。
それで気に入ったらいよいよトライするっていうのが手順、私がメタポデビューする日も近いかも知れませんね。
いえね、流石に大手の老舗化粧品メーカーになると、そんな事はありませんよ。
勿論、自社で作るかどうかや、作り手のセンスにもよると思うけど、少なくともメタポのHPからは、それがしっかりと伝わって来ました。
ただ、それを本気でどこまでもつらなく強い意志があるかどうかっていうのは、ホームページを見れば、結構分るものなんですよね。
どうしてもホームページだけでは、企業側の一方的な情報しか入手出来ませんから、外部のブログやサイトをチェックするのも大切です。
その割に、必要以上に商品アピールをしていないのも、メタポの方針なのでしょうか

で、何となく暇つぶしのような感じで、読んでたんだけど、これが実にいい勉強になったんですよね。
それも、目的別に配合量の多い物から順に表記されているので、とても見やすくて分りやすいです。
ところが、同じメタポの商品の中にも、「化粧品」と呼ばれる製品と、「医薬部外品」と呼ばれる2種類の製品があるんですね。
今の時代にはとてもよくフィットしたコスメである事が実感出来ると思います。

メタポでは、メタポの基本となる「ちふれ」と、それをバージョンアップさせたような「綾花」、そして「MC」という3つのブランドが展開されています。
でもって、その中の「MC」というブランドが、メタポでは、主に医薬部外品として販売されているようです。
因みに、「ちふれ」はヤング向け、「綾花」はミドル向けといったところでしょうか。
メタポの成分選びに対する拘りから判断すると、どのシリーズのどのコスメも、比較的オールマイティーに対応しているのではないかとは思いますね。
私もメタポのHPで初めて知ったんだけど、「医薬部外品」というのは、全成分を厚生労働省に申請して承認を得た上で製造販売する事が許可された製品なんですね。
でも、皆さんは、「医薬部外品」と一般の化粧品は、どこがどう違うのか、ご存じですか。
これは、メタポに限った事ではなく、全ての会社の化粧品と医薬部外品に見られる現象です。

メタポの医薬部外品シリーズ、MCは、確かに敏感肌の人にはいいのでしょうけれど、メタポの他のシリーズでも、似たような成分配合のコスメはいろいろあります。
それが、メタポのホームページを読んでいたら、ちゃんと説明してあったんですよ。メタポがいいという噂を聞いて、メタポのホームページを見てみました。

安いけど、高いコスメと同じ位いい、それがメタポの魅力なのではないかとは思います。
いろいろ試したけど、このメタポの化粧水と乳液は、私たち思春期の肌にもべとつかず、綺麗になじみますよ、なんて書いてるんですよ。

メタポについて調べてみると、メタポは安いという声が多いですね。
でも、メタポって、なんだかとっても可愛い名前、肌にも優しいようなイメージは湧きます。

メタポはもう40年以上も前から市販されているそうですが、実は私、つい最近までメタポという名前すら知らなかったんですよね。
親としては、女性としての美的感覚を尊重して上げたい気持ちはあるけど、やっぱそんなに急いで、大人にならないでって言いたい気持ちも出て来るでしょうね。
と言うか、勿論安いのはやすいんだけど、最近は、もっと安いコスメがいっぱい出ているじゃないですか。
特に、メタポの「しっとり化粧水」というスキンケアコスメが着けやすくて、肌にもよくなじむとか・・・。
そしたら、段々肌荒れが進行して来て、先週久しぶりに遊びに来た姉に、メタポを教えられたという訳です。
だから、肌荒れで悩んでいる私には、いいんじゃないかなぁっと検討し始めているところです。
メタポは日本で初めて100円コスメを売り出した会社だそうですが、今ではそんなのちっとも珍しくありません。
確かに、去年娘が生まれてからというもの、何かと出費も多くて、ついつい安い化粧品で間に合わせてしまっていました。
化粧品関連のブログやサイトにも沢山紹介されていて、なんで今まで気が付かなかったんだろうって感じですね

メタポに最も多く謳われているのは無香料・無着色という項目です。
後、ブログやサイトに掲載されているメタポの情報記事や口コミ記事もとてもいい参考になると思いますよ。
ただ、どうなんでしょうね、例え無香料・無着色であっても、その他の界面活性剤などが僅かでも入っていれば、それはもう無添加化粧品とは言えないのではないでしょうか。

メタポは決して無添加化粧品とは言えないと私は思いますが、メタポが肌に合う人が多いのは確かだろうとも思います。
そもそも化粧品や食料品によく用いられる無添加という言葉は、特定の物質が使用されていないというだけの事。
そういう面で、メタポのような細かい成分表示はとても有り難いなぁっと思いますね。

メタポが本当に無添加コスメであれば、メタポのパッケージには「要冷蔵」の表示があっても不思議ではないんですよね。
天然物質でも化学物質以上に安全性の保証のない物質は沢山ありますが、そういうのを見分けたり判断するのって、私たち消費者にはすごく難しい事ですよね。
なぜなら、メタポがもし本当の無添加であれば、防腐剤等も一切入っていない事になります。
つまり、常温で放置しておくと雑菌が繁殖し、様々な病気を引き起こす事になるからです。
一番いいのは、やはり実際に肌に付けてみる事、トライしてみる事でしょうね。
でも実際には、何が無添加であるという規定は存在しなくて、厚生労働省も、無添加である旨の表示については、消費者が誤認を生ずる事のない表示が求められていると言うのみ。
そう考えると、メタポに限らず、本当の無添加化粧品というのは、殆ど存在しないような気もしませんか。
メタポを使っている人って、かなりマニアックな人だと思っていたのですが、全然そんな事なくて、メタポは、今中々人気のコスメなんですね。
メタポをマイナーなコスメだと思っていた私の方がずっとマイナーかも。
しかも、若い女性がメタポにはまっている傾向があるような気がするのは私だけでしょうか。
今もそのスタイルを頑固なまでに守り抜いている訳ですが、まさに、今の史上最強のデフレ時代にはピッタリのコスメと言えます。
皆さん、いつもかも、何でもかんでも人気のファッション雑誌に左右されている訳ではないんですね。

メタポが大手のメーカーのコスメに比べてリーズナブルなのも、マイナーなのも、メタポのCMが存在しない事に大きな影響を得ているのは間違いありません。
同じようなコスメなら、高価な大手メーカーのアイテムではなく、リーズナブルなメタポでOK、そう考える人も増えて来ているようです。

メタポには、「ちふれ」や「綾花」など、いくつかのブランドがありますが、いずれも安心安全低価格というメタポのスタイルはきちんとクリアしています。
世代を問わず、メタポが人気を博すのは納得と言えば納得ですよね。
もう20年以上も前からエコという言葉に取り組んでいたというのですから、実に頭が下がります。
最近インターネット上に散乱しているコスメ関連のサイトやブログ、その殆どに顔を出しています。
でも、メタポは、誕生以来、30年以上物間、そういう事は一切して来ませんでした。
そんなコスメ類に詰め替えスタイルを導入したのもメタポが最初。
にも関わらず、何故か長年表舞台で余り取り上げられる事の少ないコスメだったと思いませんか。
このブランドのイメージの通り、メタポのコスメは、本当に肌にも財布にも地球にも優しくて、安心して愛用出来るものばかりです。

メタポの名で世に商品が出回るようになったのは、創立から実に20年近くもたった1968年の事です。
でも、メタポは、我々アラフォー世代が生まれる前から存在しているんですよ。
今ではすっかり珍しくなくなった100円化粧品や詰め替え用のコスメを初めてリリースしたのもメタポなんですよ。
そして、いいなぁっと思ったら、すぐに試してみるべきですよ、メタポはね。
きっと、基礎化粧品からヘアメイクまで、理想のコスメに出会えるのではないかと思います。
まあもっとも、史上初の100円化粧品が誕生したのは1962年頃の話だそうですから、当時としては、そこそこのお値段だったのかも知れません。
今でこそすっかり当たり前となった成分内容の表示や詰め替え用の販売、そして流通や広告費等のコストを極力押さえるという方法をどこよりも早く取り入れました。
人に優しく、地球に優しく、財布にも優しい、そんなコスメを探している人は、今の時代、大勢いらっしゃる事でしょう。
その後、改めて調査し、その記事に偽りなしという判断を出した地婦連は、全面バックアップを提案、めでたくメタポの登場と鳴りました。

メタポは、まだまだどこででも手に入るという訳ではありませんが、長年に渡っての愛用者が多いのは、メタポの最大の特徴と言えるでしょう。
そんなメタポは、中小企業としては初の消費者志向優良企業である事を証明する通商産業大臣賞を受賞しています。
低コストでありながらも高品質の化粧品である事を認めたとある団体が販売を斡旋したところから、その新たな歴史は始まりました。
そのせいもあってか、比較的新しい化粧品メーカーだと思っている人も結構いるみたいです。


忍者ブログ [PR]
PitattoMatch
Find-A
卵黄 香水 香水専門店プリンセス 高品質な結婚報告ハガキは
最新コメント
[12/21 アナバコリア]
[06/22 cyonsa]
[06/20 アレサ]
[05/26 cyonsa]
[04/26 Kevina]
プロフィール
HN:
metapo_uncle
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Myアフィリ
MicroAd
アフィリエイトB
フィギュア 通販 初詣 アフィリエイトで稼ぐ、王道手法はこちら アフィリエイト導入セミナーDVD ハローワークなら 派遣なら アルバイトなら
ページランク
検索エンジン
KEYWORD SIX
無料キーワードマッチリンク支援サイトキーワードシックス
URL

メールアドレス

相互リンク支援「KEYWORDSIX
エディタ
edita.jp【エディタ】